スポンサーリンク

2018年のドラえもん映画はリメイク版!?

2018年のドラえもん映画は、すでに制作が始まっています。

ファンの間では、2018年のドラえもん映画は、「のび太の南海大冒険」ということで意見が一致しています。

というのも、すでに公開されている映画「のび太の南極カチコチ大冒険」のエンディングの後にシークレットで、2018年春公開の映画の一部シーンが流れるんですね。

それを見ると2018年は「のび太の南海大冒険」ということで間違いなさそうです。

>>>2018年のドラえもん映画の内容は!?のび太の南極カチコチ大冒険を見た

「のび太の南海大冒険」はリメイク版!?

「のび太の南海大冒険」という作品は、実はリメイク版なんです。

当初映画の予告を観た際に私は「パイレーツカリビアン」のリメイクかなって思いましたが、色々ネットで調べてみるとドラえもん映画のリメイクなんですね。

 

「のび太の南海大冒険」ってどんな作品

のび太の南海大冒険は、「南海の大冒険」と「無人島の大怪物」が原案となっている作品で、藤子・F・不二雄氏がお亡くなりになって初めて制作された映画です。つまり、これ以降の映画の原作は、藤子・F・不二雄さんではないんですね。

では、サザエさんもそうですけど誰が原作なのってことになりますけれど、この「のび太の南海大冒険」に限っていえば、原作は藤子・F・不二雄プロダクションということになっています。

 

原作者の死後初めての映画ではあったのですが、当時のドラえもん映画としては過去最高の配給収入を打ち立てます。

 

何せ大原作者の没後第一作目でしたから、制作陣もかなり力が入ったのでしょうね。

 

そのせいもあるのだとおもいますが、声優陣もかなり力が入っています。

有名どころでは、ベティ役・・・早見優、キャプテン・キッド役・・江守徹、ゴンザレス・・・林家木久蔵(現・林家木久扇)、パンチョ・・・林家こぶ平(現・林家正蔵)などです。主題歌は吉川ひなのが歌っていました。

 

気になる今回の声優は?

ファンとしては、今回も豪華な声優陣が楽しみなところではあります。

前回の「のび太の南海大冒険」と同様の役を声優を本業にしている方ではない方がするとしたらという前提で2018年版の「のび太の南海大冒険」の声優を予想してみました。

ベティ・・・剛力彩芽

性格が激しい女の子の役どころですが、彼女の活発なイメージとぴったり。

キャプテン・キッド・・・大地康雄

7つの海を駆ける海賊の船長。少しどすの効いた声を出せる一方で子供向けの映画ですからどことなく優しい雰囲気も欲しいところということで大地康雄さんを推してみます。

 

ゴンザレス・・・大泉洋

キャプテン・キッドの部下で語尾にレスを付けるのが特徴、少し軽薄な感じが必要なのでお笑い芸人が選ばれそうですが、ここはすでに大物感もありますが大泉洋さんでお願いします。

 

パンチョ・・・鈴井貴之

ゴンザレスが大泉洋ならパンチョは鈴井貴之でどうでしょう。

水曜どうでしょうでこのゴンザレス、パンチョを固めてみたい・・・

ドラえもんも、水曜どうでしょうもテレビ朝日系列だから実現可能だと思うのは私だけ?

 

以上、勝手に「のび太の南海大冒険」の予想(願望)声優陣も決めてみました。

のび太の南海大冒険は、多くの賞も受賞している名作なので、新たな作品がどんな風になるのか楽しみです。

もちろんかつての作品を復習しておいた方が、新作も楽しめるというものです。

>>>過去のドラえもん映画を見るときに薦めたい動画配信

おすすめの記事