変なホテルが銀座にもオープンするそうですね。

我が家も変なホテル舞浜東京ベイに先日行ってまいりましたので、報告です。

スポンサーリンク

変なホテル舞浜ベイ

 

変なホテルの「変」とは?

変なホテルって、恐竜が出迎えてくれたり基本従業員が見えなかったり他のホテルと比べると確かに変ではあるんです。ただ変なホテルの「変」とはおかしいという意味を含めたものではなくて、「変わり続ける」という意味の「変」なんですね。

なので、何度言っても新しい発見が期待できるのかもしれません。

変なホテル舞浜ベイの駐車場の情報

駐車場は結構狭い

駐車場は事前予約が10台。当日利用が20台となっています。

事前予約の開始時期は、宿泊日の2週間前からとなっています。

駐車場の料金は?

事前予約と当日予約で料金が異なるので注意が必要です。

事前予約の場合

平日  昼12:00~翌日昼12:00 2000円
土日祝 昼12:00~翌日昼12:00 2500円

当日利用の場合

平日【通常料金】0:00~24:00 30分/300円 【最大料金】15:00~翌日10:00 1500円

土日祝【通常料金】0:00~24:00 30分/300円 【最大料金】15:00~翌日10:00 2000円

利用時間に合わせて選べるのは、嬉しいですね。ただ、当日利用の場合満車だったらどうしようという心配は否めません。

ちなみに私が利用したのは、平日のいわゆる閑散期だったので、ほとんど駐車場は空いているようでした。また、ホテルの駐車場が取れなくてもホテル近くの駐車場もそれほど高くはない金額で利用できるみたいです。

舞浜からの行き方

舞浜駅からは、バスが出ています。JR舞浜駅を降りて南口(ディズニー側)の路線バスで4分です。

我が家は、バスを利用しましたが、田舎者の私たちにしてみると滅茶苦茶バスの乗車待ちの人がいてかなりひるみました。

タクシーで行こうか迷いましたが、丁度列の前にいたやさしいお兄さんが「このくらいならすぐ乗れますよ」と教えてくれたので、バスで行くことにしました。

停車駅は富士見5丁目というバス停になります。ホテルと反対側に着きますが、近くに信号もありバス停からも目と鼻の先です。

なお、タクシーだと大体1,000円くらいかかるみたいです。

徒歩では

公式サイトでは徒歩18分と記載がありますが、もちろんこれは大人の足での話。一般的に1分80メートル程度で換算されることが多いようですから1.5キロ程度あることになります。

子連れの場合は、徒歩はお勧めできません。その分の体力はディズニーにとっておいてあげたいものです。

ディズニーランドへの行き方

シャトルバスは早い者勝ち

2017年12月から舞浜駅までの無料シャトルバスの運行が開始されました。

これで、ディズニーランドまではほぼノーストレスで行くことができます。

注意しないといけないことは以下の3つです。

シャトルバスの整理券は結構すぐなくなる。

人気の朝一番のシャトルバスは前日になくなっていました↑

シャトルバスの整理券は、フロントに時間ごとのチケットが置いてあります。

補助席を含めても定員が21名のそれほど大きくないバスですので、私が利用した閑散期でも出発当日には、それほど残っていませんでした。

混雑している日には恐らく、出発前日にはなくなっているのではないでしょうか。早めに計画を立てて、出発時間のバスの整理券をゲットしましょう。

乗車時に宿泊証明が必要

宿泊予約が証明できる紙もしくは、スマホの画面を提示する必要があります。変なホテルを予約したことが分かるものを用意しておくと良いでしょう。

ディズニーシーにはいかない

シャトルバスの運行は舞浜駅まで。ディズニーシーに行くには舞浜駅から乗り換えが必要です。乗り換えが嫌だという場合は、路線バスもしくはタクシーの利用になりますが、私はシャトルバスの整理券がとれるのならば、シャトルバス利用をおすすめします(理由は後述します)。

路線バスは結構混雑する

路線バスの乗り場は、変なホテルから徒歩2分くらいのほぼ目の前といって良い場所にあります。我が家は平日の朝利用したのですが、まさに通勤ラッシュの時間なんです。子連れで満員バスは結構応えます。

それと満員バスなんで、ジャラジャラお金を出してお釣りをもらってっていう支払いすらかなり困難です。スイカとかを用意しておくことを強くお勧めします。

変なホテル東京ベイは魅力が満載

恐竜に子供たち感激

まずは、出迎えてくれる恐竜に子供たちは大感激!!。パシャリパシャリと写真をせがまれます。また、ロボットの熱帯魚やらフロントの恐竜などなど子供たちが喜ぶ仕掛けが満載です。

タピアがかわいい。でも頭は良くない

部屋にいるロボットがタピア。とても愛くるしい姿は、旅で疲れた皆さんを癒してくれるにちがいありません。

しかし、癒しあるいは遊び以上のものを期待すると正直かえって疲れることになりません。

というのも、私がなまっているからではないと(私は思っていますが)、なかなこちらの言葉を理解してくれないんですよね。

IPHONEのシリに慣れていると正直イライラするレベルです。なので、部屋の制御(エアコンとか)は、あまり期待しすぎない方がいいでしょう。

ただし、とはいっても存在感十分で子供たちの心をわしづかみにすること間違いなし。

 

VRも安いからおすすめします

  

VRを500円で借りて体験することができます。中身はなんて事のない恐竜の住む世界に自分が言ったかのような気分にできるコンテンツを楽しむというものなのですが、子どもたちはこれにも大感激。

因みに借りるときは、フロントの方(人間)にお会いできます。別に会わなくてもいいんでしょうが・・・

ベッドは3つでいい感じ

部屋の広さはこんな感じです。すべてのベッドをつなげるのが我が家のスタイルなので、部屋の広さ的には申し分ありません。

自動販売機は適性価格

ホテルだからと言って自動販売機の値段が高くなるのは、コスパ重視の私は大嫌いなのですが、この変なホテル舞浜ベイはそんなケチなことをしません。適正価格なので、安心して利用できます。

 

コンビニが目の前にあるから便利

ホテルの中にコンビニがあれば言うことないのですが、ホテルを出て一分もしないところにコンビニがあるのはポイントが高いです。私たちは、コンビニが日常にある生活をするようになってから久しいですが、宿泊したときにこそその便利さを痛感できます。

食事もどうやらいいらしい

今回我が家は残念ながら食事付きのプランにはしなかったので、味などの評価はできませんが、口コミを見る限りそれなりの満足度の様です。

いくつか口コミの引用してみたいと思います。

食事も種類が沢山あり、和食もありましたので母は満足してました。

引用:楽天トラベル

 

朝食は、バイキングで、サラダが充実しています。ゆっくり、美味しく、頂きました。

引用:楽天トラベル

まとめ

私の事前の調査によるとLG Stylerというスチーム型のアイロンが部屋に備え付けられているという情報を聞いていたのですが、残念ながらLG Stylerは私たちの宿泊した部屋にはありませんでした。

ただ、そのことに気が付いたのは帰路についてからといういくらい、すっかり変なホテル舞浜ベイを満喫しちゃいました。

値段も比較的リーズナブルですし、何よりも子供たちがディズニーにいる時よりも楽しんでいるんじゃないかというくらい興奮していましたので、我が家的には大満足の宿泊でした。

特にお勧めしたいのは我が家のように小学生低学年くらいの男のお子さんがいらっしゃるご家庭でしょう。我が家の子供たちは、それほど恐竜に興味がある方ではないのですが、かなり楽しんでいましたよ。

とはいえ、ビジネスユースのお客様もいらっしゃいましたから利便性にも優れた良いホテルなんだと思います。

また、変なホテル1号店のハウステンボスの取材の様子の影響で全く従業員がいないのかなあなんて心のどこかで思っていたのがさにあらずです。バックヤードでは、人がちゃんと働いているのですね。ただ、働いている人が他のホテルに比べて少ないのは間違いありません。その分、リーズナブルになっているのなら利用者としては嬉しいばかりです。

 

 

おすすめの記事