我が子が通うヒューマンアカデミー

月2回の教室で月謝が10,000円と結構いい値段で、我が家の家計を順調に圧迫しています(笑い)

ロボット教室ヒューマンアカデミーの費用っていくらなの?

ただ、だからといってロボット教室を辞めさせようかということには全くなりませんが、こうなったら辞めようねという我が家のルールを決めていますので、公開します。

スポンサーリンク

ロボット教室を辞める時

1 本人のやる気がなくなった時

まずは何より本人のやる気がなくなったら辞めなければいけないと思っています。ただ、せっかく始めたのにすぐ辞められては、なんでもすぐにあきらめる癖がついてしまう恐れがあります。長男とは、教室に通う際に最低限18か月を続けようという話をしています。

なぜ、18か月なのかというとヒューマンアカデミーのロボット教室は、18か月がワンクールになっていて、そこが一つの区切りになると考えたからです。

2 ほかに興味関心が向いた時

レゴから派生してロボット教室に興味を持った長男。しかし、まだまだ幼いですから興味の対象は多種多様です。なんでもかんでも習わせるほど我が家にはお金に余裕もありませんし、あれやこれやと詰め込みすぎて子供の時間を奪うのは我が家の教育方針と異なります。

もし、ロボット教室よりも楽しいと思えるものが出てくれば、辞めることも考えたいなと思います。

週2回とはいえ、学校へいって外で遊んでとしていると我が家的にはそれなりにハードスケジュールです(ほかに色々通わせてらっしゃる親御さんからしたら開いた口がふさがらないかもしれませんが・・・)。

3 アドバンスプログラミングコースまで終了した時

ヒューマンアカデミーのロボット教室はプライマリー、ベーシック、ミドル、アドバンスプログラミングコースと進んでいきますが、小学1年からベーシックコースを受講した場合、アドバンスプログラミングコースを修了するのが最速で5年生になります。

ここまでくれば、流石に辞めても良いのかなあと思っています。

ただし、アドバンスプログラミングコースの次にはロボティクスプロフェッサーコースなんて言う、長男がいかにも好きそうなコースも用意されているようですので、この辞め時はあてにはならないかもしれません。いずれにしてもここまで続けば、大したもんです。

まとめ

どんな習い事も始めるときと辞める時のタイミングって難しいですよね。

今年読んだ本の中でも私のお気に入りの一冊になったダックワークスの「やり抜く力」では、ある程度続けたら辞めさせるべき(本人が辞めたければ)というようなことを書いてありました。

確かにアメリカってスポーツとか色々経験している印象があります。

一方日本の場合少年団などに入ると中学、高校もその競技を続けていっている場合が多いような・・・

それはそれで素晴らしいことだとは思うのですが、本人の興味に基づいて多様な経験をさせてあげたいと思うのが私の考えです。

ちなみに、長男はロボット教室で始まったプログラミング教室に興味深々みたいでそちらも習いたいと言っているのですが、とりあえず家でスクラッチでもさせて様子を見てみようと思います。
ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」

おすすめの記事