小学2年生の長男はRISU(リス)算数に鬼ハマリでしたが、同時に体験を申し込んだのが次男年長児。

特段、さきどり教育を意識してない我が家では、次男はまあようやく数字を読めるようになったかなあという程度

ブログなどを拝見していると、年長児なら数字を読めるのは当たり前だし、足し算、引き算、九九もできちゃいますというご家庭も多いようです。

ただし、そのことに焦りはあまりなく、ブログで教育に関する情報を発信している方は、教育熱心でさきどりなどにも興味がおありな場合が多く、そのご子息たるや様々な学習等を通して足し算やら引き算やら九九に習熟されているからでしょうと、どこ吹く風の私です。

とはいえ、意識タカスギのブロガーキッズたちと比べるまでもなく、我が次男は、ほかの同級生よりも数字やら文字に対する習熟度は遅い方かもしれません。

そんな次男が体験したRISUキッズについて、詳しくレポートしてみます。

スポンサーリンク

RISU(リス)きっずに必要な環境

RISU(リス)キッズは、専用端末を用いての学習になりますからタブレット等の端末は必要がありません。

ただし、ネットを用いるので、Wi-Fi環境は必須となります。

RISU(リス)キッズを一週間体験してみる!!

RISU(リス)きっずにはテストはない。

小学生を対象にしたRISU算数が、初めにテストを受けて自らの実力に合うところからステージが始まるのに対して、RISU(リス)きっずにはテストはありません。

どの子も数を数えるところからスタートです。

ですので、すでに先取を始めている幼児の方は少し物足りなく感じるかもしれません。

ちなみに我が子は、5以上の概念があまりまだわかっていなく、早くもつまずいていました。

つまずくと次のステージに進めない仕組みになっているので、何度も同じ問題をすることに・・・

飽きるのかなあと、しばらく放っておいてみたのですが、飽きることなく自ら何度も同じ問題を繰り返ししていました。

RISU算数ってそんなにいいのか?小学2年生が実際に体験してみた。

幼児ほどはまるかも

すごろくはやはり幼児も楽しい

RISU(リス)きっずの画面もやはりRISU算数同様、すごろく風の画面になっています。

やはりこれは、年長児にも楽しいようです。

また、自分がゴールまでどの位置にいるのかということが分かるので、モチベーションアップにもつながるようでした。

ひらがなは読めなくても大丈夫

RISU(リス)キッズには、ひらがなが読めないお子さんが利用できるように読み上げ機能がついています。

我が家の次男も、残念ながらひらがなが読めない年長児ですので、読み上げ機能を大いに活用させていただきました。

子供はやはり物覚えが早いですから、一度操作を覚えると読み上げ機能のところを必ずクリックするようになっていました。

専用端末だから安心できる

専用端末にはメリットとデメリットはある意味表裏一体です。

専用端末であれば、せっかくの端末が目的の学習にしか使用できません。

しかしながら、Ipadやアンドロイド端末ですと、学習以外のものについつい興味がそそられて気が付くと違うことをしていたということが往々にあります。

学習用に端末を与えていたのに、気が付いたらユーチューブにはまって、ユーチューブばかり見ているなんてことも笑えない冗談として結構ありがちです。

その点、RISU(リス)キッズは、専用端末なので必然的に集中できる環境を整えてくれます。

次男も自分のRISU(リス)端末で一所懸命にRISU(リス)キッズに取り組んでくれました。

(余談ですが、RISU算数の専用端末は、アンドロイド端末を専用端末として使用しているものです)

お兄さんからの動画でやる気UP!!

RISU(リス)の売りの一つに、東大生や早稲田大生からの動画によるメール配信があります。

折に触れての個別フォローが受けられるというのもRISUの魅力の一つです。

我が家では同時に始めた兄(小学2年生)に先生からの動画が届いたのですが、それを見た次男も自分にも「早く動画こないかな~」、「ここまですれば僕にも先生からメッセージ来るかな~」なんて言いながら問題を解いていました(⌒∇⌒)

親にもメールが届く!!

子供たちに動画が届くというのもうれしいのですが、RISU算数の良いなと思えるのが、親にもメールが届くという点です。

私は、タブレットといえど、子供が小さなうちは、隣に座って一緒に学びを進めたいと考えているのですが、子供がある程度大きくなったのならば、やはり一人で進めてほしいところ。

RISUでは、親に学習の状況だけでなく褒めるべきポイントも一緒に伝えてくれますから、子供の成果・成長が分かりやすくなります。

また、逆にしばらくRISUで学習をしていないと、そのこともメールが届く仕組みになっています。

忙しい親御さんにとって嬉しいサービスです。

学べる内容

RISU(リス)きっずでは、小学1年生の前半までの内容を学べます。

具体的には、12ステージの内容からなっています。一つ一つのステージを確認してみます。

ステージ①:1~15までの数え方と並び

ステージ②:30までの数え方と並び

ステージ③:50までの数え方と並び

ステージ④:+1~3までの足し算

ステージ⑤:+5までの足し算/2桁+2までの足し算

ステージ⑥:-1~3までの引き算

ステージ⑦:‐4までの引き算/2桁ー2までの引き算

ステージ⑧:2種類が混在するイラストの大小比較

ステージ⑨:大きさ・長さなど様々な比較

ステージ⑩:アナログ・デジタル時計の読み方

ステージ⑪:同じ種類のイラストの仲間わけ・判別

ステージ⑫:ステージ1~11までの総復習

一つのステージには、75問ずつの問題が用意されています。

実際この数が多いのか少ないのか一つの指標として公文と比較してみました。

例えば、50までの数を終了するまでにRISU(リス)キッズでは、75×3で225問を解く必要があります。

公文では、50までの数を数えるのは、6A、5Aの教材ということになりますが、それぞれ200問を解く必要がありますので、計400問ということになります。(公文では、5Aの次のステージである4Aで数字のなぞり書きをしますので、その意味では計600問用意されています。)

一見するとRISU(リス)キッズの問題数は概ね公文の半分程度ということになります。

ただし、公文が数の読みから始めているのに対し、RISU(リス)キッズは、数の読みについては、読めることを前提にしていること、またRISU(リス)キッズは1問といっても、1問の中にいくつかの問題が含まれていることからすると、公文に比べても決して少なくない問題数だと感じました。

RISU(リス)きっずが終わったなら・・・

RISU(リス)きっずが終われば、お子さんが小学生に上がるのを待つ必要はありません。

小学生向けのRISU算数へと移行することができます。

RISU(リス)キッズだけでも、小学1年生の半分程度までは修了していることになりますから、小学校入学までここまで終わっていれば、小学校に上がってから授業が分からないということはまずないので安心ですね。

始めるのはいつがいい?

RISU(リス)きっずを始める時期はいつがいいのでしょうか?

一つの目安といえるのが、数字を読めるかどうかという点にあるかと思います。

解約は自由にとはいえ、RISUは年契約となっていて、1度契約してしまうと最初に支払う金額は戻ってきません。

我が子にRISU(リス)が合うかどうかは、実際に試してみないとわからないところだと思います。

そこで、RISU(リス)では、一週間無料でRISUを体験できるキャンペーンを実施しています。

詳しくは以下からご覧ください!!

RISU(リス)キッズを一週間体験してみる!!

 

 

おすすめの記事