スポンサーリンク

Z会小学2年生のお試し問題集が届く

現在ドラゼミにお世話になっている我が家。

ドラゼミの満足度はとても高いのですが、Z会ってどうなんだろうという思いが心の奥底でふつふつと・・・・

Z会は次男が幼児コースでお世話になっていたり、従兄も中学生コースを利用していたりで比較的身近にあり、好印象を抱いていました。

Z会幼児コースは悪い評判のとおり?1年間続けてみた感想

学年で1番をとる中学生の甥っ子に聞いたZ会の口コミ

しかし、やはり何事も試してからというのが私の信条でありますし、お試しは無料ですので、

そこで早速Z会のお試し問題集を取り寄せてみたのでした。

Z会の通信教育 小学生コース

Z会の問題集の構成

Z会の問題集の構成はなかなか充実していると感じました。

ドリルz

国数で各15回ずつあります。

また、ハイレベルだとここにプラス5回分の問題がつくとのこと。

いただいた問題集では、国語は漢字が中心の構成となっています。

一方算数は、計算と時計、そしてグラフの読み取りなんかも盛り込まれています。そのほかにも図形問題なども用意されているようです。

わくわくエブリスタディ

こちらも国語と算数の構成になっていてそれぞれ10回分の問題集となっています。

ハイレベルであれば、2回分がそれぞれプラスになります。

わくわくエブリスタディはカラー刷りになっていて、子どもにとっては取り組みやすい印象です。わくわくエブリスタディの国語は、作文などの記述問題が多めに設定されている印象で、手ごたえがありそうです。

長文読解の問題は、学校で配られてくる国語のプリントに比べると難しい印象を受けますが、Z会出版が発行しているハイレベルシリーズに比べると易しい印象を受けます。

わくわくエブリスタディけいけん

理科もしくは社会の学びの種につながる経験をお家の方と一緒にしましょうというコンセプトの教材です。

Z会幼児コースにもこの手の教材はついていて、なるほど親子の触れ合いを通した学びが子供の学ぶ力を育むのだなと改めて感じたところでもあります。

所要時間は1時間30分とありますが、準備などを含めて毎月続けるのは結構根気がいりそうです。

しかしながら、特に低年齢の時は親との触れ合いを通して学んだことが大きな喜びにもつながりますし、結果学ぶ意欲を高めてくれるのではないかと私は思います。

てんさくもんだい

国語と算数、それからけいけんの添削問題があります。

国語と算数も素晴らしくきれいな字で添削をしてくださっているのが伺えます。

しかし、特筆すべきはけいけんの添削です。

イードアワード2017でも通信教育の添削部門で栄えある1位を獲得しているだけあって、経験シートの添削は素晴らしいとかんじました。

けいけんのシートは平たく言うと作文です。作文の添削は、通信教育なりを色々調べた私からすると結構なお値段がするというのを知っていますので、この作文の添削もついているのかといい意味で驚いています。

わくわくエブリスタディサポートブック

こちらは、子供向けではなくて親が指導の際に読んで、丸つけや支援に使用するものです。

単元ごとに学習のねらいがまずは記載されていて、アドバイスと支援のポイントそして発展学習の手引きまで記載されています。

かなり事細かに書かれている印象です。

気になる費用は?

 1年生2年生
12か月1回払い49,70454,192
6か月1回払い26,36428,872
毎月払い4,5704,960

Z会お試し教材のまとめ

Z会小学2年生コースの教材の量は結構多いなというのが印象です。

教材が少なめの幼児コースを利用していたから余計にそう思うのかもしれません。

私の説明で物足りないとかあるいはもっとZ会の教材を知りたいという方は、無料でお試し教材をGETできますので、試してみることをおすすめします。

 

おすすめの記事