こんにちはノギーです。

我が子の次男は年少児にZ会を開始しましたが、3月末で一旦退会しました。
>>>3つを受講した親が、幼児教材通信講座6個を本音で比較

その理由を正直に書きたいと思います。

ワークがすぐ終わる

多くの親御さんが指摘するように幼児向けZ会のワークって結構すぐ終わっちゃいます。
早い子だと2,3日で終わっちゃうんじゃないでしょうか?
もちろん、幼児向けZ会の素晴らしさってワークそのものよりも、親と子の触れ合いを促す問題だったりするわけですが、やはりワークが数日しか持たないのは正直気になりました。

息子迷路にはまる

Z会の問題集がどうということではないのですが、長男が取り組んでいたなぞぺーシリーズをみながら「僕も迷路やる~」と始まりました。
無料の迷路シリーズやらなぞぺーやら迷路問題集を購入して取り組ませているうちに、どうもZ会よりも一生懸命取り組んでいるみたい。

平仮名や数字には興味がない

年中になれば、平仮名や数字を読めたりかけたりするお子さんも多くいらっしゃるのだと思いますが、次男は全く興味なし。
子どもが興味を持てるように親が仕向ける必要があるのかもしれませんが、我が家では子供がまだ興味を持っていないようならこの時期は無理にさせなくても良いと考え、興味が出た段階で別の教材を購入することにしました。

葛藤はかなりあった

当の次男はZ会をどう考えていたかというと、結構前向きに取り組んでいました。
子どもにとって、郵送で教材が届くというのは何となく嬉しいみたいで、「Z会まだ届かないの?」なんて良くきいてきました。
また、いーまる(Z会のキャラクター)にも親しみがかなり出てきたようで、Z会、Z会といーまるをみるとはしゃいでいたりもしました。

私たち夫婦にとってもZ会の親向けの読み物はかなり読み応えがあり、様々な気付きを与えてくれるものが多かったので、かなり悩みました。

この方が感動しているように、Z会の読み物は大人も満足!!

 

このまま続けてあげた方が本人のためになるという判断もありましたが、一方で最初に述べた理由から退会することにしました。

一応念のために言っておくと、Z会への満足度は親子ともども高いと思っています。
年少期に1年間続けてみて良かったなとも思っています。
なので、退会といっても私たちの感覚では休会というところでしょうか。

今年は、大好きな迷路やらパズルやらを時々遊んでくれればいいのかなあと考えています。

スポンサーリンク

迷っているのなら無料で試せますよ

もし、z会に入会しようか迷っているのなら、まずは無料で教材を試せる資料請求をしてみることがおすすめです。

Z会の場合、資料請求したからと言って電話勧誘も特になかったので、気軽にお願いできます。

ご自身の目とお子様の目で見てから始めるかどうかを検討してみることをおすすめします。



追記

今年に入って多くの教育関係の本を読むようになりましたが、幼児期に必要なのは早期教育ではないということが科学的にも証明されつつあるようです。

幼児期にやっておけばよかったと思う2つのこととやらなくても良かったと改めて思ったこと

ただ、それはZ会を早くから始めることが意味のないということではなくて、文字や計算を早くから覚えることあるいは英語に早くから取り組むことだけがその後の学力にはあまり影響しないということです。

つまり公文が最も得意とする部分なのかもしれませんが、この部分については、夫婦でしばしば論争があります・・・

むしろ、Z会のように親と触れ合いながら学びあう機会を作ることは、Z会のキャッチコピーでもある「あと伸び力」そのものを刺激する取り組みといえます。

 

おすすめの記事